의료관광 허브도시 대전에서 고품격 의료서비스, 첨단과학과 문화관광을 경험하세요.

> 観光の情報 > 料理 > 大田の代表料理

大田の釜飯はうるち米と雑穀(アワ、豆、モロコシ)、銀杏、ニンジンなどを入れて炊いたご飯を、近隣地域の新鮮な野菜と20余種類のおひたしを添えて楽しむ。20余年前から昔ながらの釜ご飯の味で人気を得て来、他の地域の釜飯とは格が違う大田の料理として位置付いて来た。
錦江コウライケツ魚は、朝鮮時代、王に献上された程に大田の特産物として有名であった。錦江の中流に位置する新灘津(シンタンジン)地域は昔から淡水魚料理の地として発展して来、 81年ダムの竣工後、この周辺に淡水魚メウンタン料理の店が出来てその味が楽しまれる様になった。錦江で捉えた淡水魚に薬味を入れ、20分程度煮込むメウンタンは淡泊ですっきりした味が一品だ。
大田両班参鶏湯は、ここ近隣の特産物である錦山高麗人参、連山鶏を利用しその調理法が早くから発達したため、他の地域の参鶏湯とは違う特別な保養健康食として発展した。1993年から大田の郷土料理として指定、管理されている。 淡泊ですっきりとした味で消化も良く子供やお年寄りにもおすすめ。
40年前から大田駅近くにあるソルロンタン専門の飲食店が有名になり、大田市民にとってなじみある料理として位置付いて来た。長時間煮つめたスープの深い味が特色あり、良く熟したカクテギとキムチを添え、その味が一品。
スッゴル冷麺は平壌(ピョンヤン冷麺の味をそのまま4代に瓦り50年間冷麺 を作り続けてきた店です。 食べやすい冷麺(蕎麦粉90%、小粉10%)と、だし汁(鶏ガラスープ30%、トンチミ(キムチの一種)のだし汁70%)が他の他方の冷麺とは違う点です
1980年の初めから農家の副業として、ひとつの生計手段として生じた九則(クチュク)ムク村がいつのまにか大田の特有料理として位置付いて来た。 細切りにしたムクに煮干しと昆布でだしをとったスープを注ぎ、千切りにしたキムチと海苔を混ぜて食べる。その味が珍味だ。